カーゴ便はフレイター便

カーゴ便はフレイター便

カーゴ便はフレイター便 貨物だけを搭載する専用の飛行機のことをフレイター便と呼びます。カーゴ便はコンテナに荷物を詰め込み輸送を行うもので、フレイターを利用した輸送を行うなどの特徴を持ちます。ちなみに、カーゴとは積み荷などの意味を持つもので、航空業界の中では航空貨物輸送のことを意味しています。貨物だけを搭載する航空機がフレイターになるわけですが、一般的な航空機との違いはどこにあるのか気になる人も多いと言えましょう。
フレイターの機内はお客さんが乗るものとは異なり、広い空洞状態になっているのが特徴です。イメージとしては大きなトンネルを思い浮かべると分かりやすいかと思われますが、荷物の搬出および搬入時には、航空機の先端部分が大きく上側に持ち上がるのが特徴です。先端部分を上側に持ち上げるとトラックの荷台に荷物を積み込む、もしくは積み下ろす時と同じように積み込むことは出来ません。これはトラックでの輸送との違いでもあり、フレイター便ではカーゴ便のコンテナに荷物を詰め込んでパレットと呼ばれている台座に乗せられ固定した状態で輸送するのが特徴です。

飛行機を使えば海外へ

飛行機を使えば海外へ 飛行機を利用した宅配サービスを使えば、海外のクライアントのもとまで素早く商品を届けられます。グローバル化が進んできた今、国内の一般消費者だけを顧客にしたビジネスは頭打ちをしています。海外の企業や個人向けにビジネスを展開すると、個人商店や地方の中小企業の新しい展望が描けるのが利点です。飛行機での輸送は安全性、信頼性の面でも優れています。アジアの富裕層向けに日本の伝統的な雑貨や日用品、食料品を販売すれば、高い利益が得られるでしょう。
対して国内の地元の人々へ荷物を届ける場合はカーゴ便がおすすめです。カーゴ便はバイク便とトラック輸送の丁度中間に位置する輸送サービスです。カーゴ便は中サイズの荷物を、近距離相手に運ぶのが得意であり、既存の輸送サービスよりも費用対効果に優れています。ダンボール箱、数箱程度の荷物ならトラック輸送ではなくカーゴ便を利用した方が、相手方に素早く届きますし、費用も安価であり、即日対応が受けられる等、独自のメリットが多々あります。