カーゴ便の特徴

カーゴ便はどれだけ積んでも料金は変わらない?

カーゴ便はどれだけ積んでも料金は変わらない? カーゴ便は、主に軽ワゴン車で荷物を配送するサービスで、その手頃さから女性ドライバーなども活躍しています。
カーゴ便の料金体系は、時間、距離、重さ、個数など用途により異なります。
但し、貸し切りや出来るだけ多く荷物を積む事により安く済ませる事ができます。
基本的な料金体系としては、5㌔までの距離制ですと3千円弱~4千円代で配送出来ますが、高速道路や駐車場の使用、積み込み等の作業時間により付加金が発生します。
次に時間制ですが、20㌔圏内で3時間以内だったら6千円からとなっており、これも上記の様な付加料金が掛かります。
また、荷物の量ですが、軽自動車とは言えミカン箱で換算すると、最大66箱(約350㎏)が可能です。
すなわち特定の場所に多くの荷物を運ぶのであれば、時間制の貸し切りタイプの配送方法を選び、時間内に作業が終わればそれだけ1個当たりの単価が安く済むのです。
因みに業者によっては、中型や大型の便も出している所がありますが、引越業者ではないので、荷物の種類に制限はあります。
また、ドライバーも基本1人体制となっています。

カーゴ便の特徴サービス「ハンドキャリー」の特徴

カーゴ便の特徴サービス「ハンドキャリー」の特徴 カーゴ便の会社の配達サービスのひとつにハンドキャリー便があります。
ハンドキャリー便は配送スタッフが新幹線や飛行機等の公共交通に搭乗し急ぎの手荷物を届けます。
ハンドキャリー便は遠方等に届ける場合に使われます。
貨物路線がない地域や搭載できない路線の場合や成分安全データシートがない食品で航空便に載せられない場合などにも利用されます。
カーゴ便やバイク便とも組み合わせて利用することもできます。
高速フェリー等も利用できの交通手段さえあれば離島にでも当日中に届けられる所もあります。
運べる荷物の大きさは交通機関のルールにあわせているところがほとんどなので大きさや重さは一人で運べる範囲が公共交通によって異なります。
荷物が複数の場合は数人で運ぶこともあります。
場所にもよりますが200Km以上遠方の場合はバイク便やカーゴ便より早く配達できる可能性もあるので緊急の場合には一番早く届けられるものはどれか聞いてみてもいいかもしれません。