カーゴ便で割増料金が発生するケース

カーゴ便の料金体系とは

カーゴ便の料金体系とは カーゴ便のサービスを行っている業者の多くは、距離別の料金体系を採用しています。
これは簡単にいうと、配送距離が数キロメートルに達するごとに料金が加算されるシステムですが、単純にこの通りに加算していく業者がある一方で、5キロメートル程度の距離までを定額料金としている業者もあります。
一方で、特定の距離の範囲内で、特定の時間に荷物の取り扱いが多い業者向けに、時間制の料金体系も設定しているカーゴ便業者も存在します。
時間あたりの料金として設定されており、その時間内に荷物をすべて配送し終えればその料金を支払うだけで済みますが、カーゴ便を確保した時間が過ぎてしまうと、超過した分に応じて料金が上乗せされてしまいます。
距離別料金と時間別料金の他には、オプション料金もあります。
カーゴ便を利用する際には、夜間や休日といった特定の日時に来てもらうことや、配送方法を指定することができますが、その際には追加料金を支払う必要があります。

カーゴ便で割増料金が発生するケース

カーゴ便で割増料金が発生するケース バイクでは積載できない荷物を今すぐ届けたい場合、軽ワゴン車両で即対応可能なカーゴ便が利用できます。
利用料金は会社ごとで料金設定が違いますが、依頼する時間帯が夜間から深夜、明け方までの場合、土日祝日に依頼する場合、出すスピードが制限される積雪時といったケースでは割増料金が20%~30%ほど掛かるため、事前に割増料金が発生しない日時を決め打ちして荷物を準備するようにするようにしておくと送料を安く抑えることができます。
カーゴ便は様々な会社がサービスを立ち上げており、料金がだいたいどれぐらい掛かるか事前にシミュレーションできる計算ページを用意してあるので、ひとつの目安として利用してみるとよいでしょう。
更に詳しい料金を知りたい場合は直接電話をして問い合わせするのが確実ですし、もし送る側が気づいていない、知っておいて欲しいポイントがあれば電話、あるいはメールで教えてもらえるため、不明な点があれば連絡を取っておけば安心できます。